外部サイトの新着記事

海外「漢字には草書体という筆記体みたいなのがあって怖いです」

2022 08 16 18.09.24 - 海外「漢字には草書体という筆記体みたいなのがあって怖いです」 画像・動画
動画が消えてる場合は引用元で見られる場合もあります

引用元 URL

  • 漢字より、このペンが欲しい
  • ゼブラのサラサクリップ
  • ゼブラの筆記具は良いよ
  • 他人に見せる書類に書く場合は別として、普通の日本人が自分用のメモに書く場合が草書体みたいなものです
  • 一種の省略形です
    日本人でも草書体を読み書きできるのは一部の人だけです
  • 日本の漢字の元は中国語
  • 日本語に興味のある方へ
    漢字はできなくてもOKです
    難易度が高すぎます
    平仮名とカタカナだけでも十分生きていけます
  • 医者が処方箋を書くときの字
  • アメリカ人だって筆記体は書かない
  • これが私が日本語を学ぶことを拒否する理由です
  • 中国が18世紀から19世紀にかけて西洋に敗れた理由もここにある。
    複雑な文字システムは、習得に時間がかかる、文章や論理が不明確など、知識の普及に大きなデメリットをもたらす。
  • このペンが欲しい
  • ロシア語の筆記体に似てる
  • 私は薬剤師です
    日本語はわかりませんが、草書体で書いたらミスを起こすと思います
  • 日本語にこんなものがあるとは知らなかった
  • 日本に住んでますが草書体はあまり見ることはありません
  • ほとんどの日本人が草書体を書かないのは理由があります

コメント

  1. 匿名 より:

    筆記体は読み書きできるけど漢字の草書体は無理ゲー

    • 匿名 より:

      筆記体こそ読み書きできません

    • 匿名 より:

      草書体は本来筆で書く書体であって、ボールペンで書くものではない。
      筆は筆に掛ける力を変えるだけで線の太さを変えられるという、他の筆記具にはない特性がある。
      だからこそ、筆が一般的ではない現在では消えた書体なんだから。

  2. 匿名 より:

    つうか草書体は縦書き前提の書体なんで横書きのノートなんかでは文字の連続がうまくいかなくて使いにくい
    現在あんまり普及してない原因のひとつは昔に比べて横書きが増えたせいだと思われ

  3. 匿名 より:

    楷書→行書→草書
    草書体は書けなくても、なんちゃって行書は普通に書く(人に読ますものではなく)
    でも確かに横書きでは使わないね。縦書きは字が綺麗に見える。

  4. 匿名 より:

    ずっと世界の先進国だった漢字圏が敗れたのは活版印刷の影響じゃね?
    それまでは情報量が多いって意味で優位だった
    それが印刷技術の進歩でシンプルな表記体系が有利になった
    でも今はさらなる技術の進歩でそのへんの差がなくなった
    書かないと書けなくなる問題はあるけど読みは関係ないしどんどん常用漢字増やしていいよ
    外国人?知らないな必死に覚えなw

    • 匿名 より:

      関係ない
      江戸以前は木版印刷で西洋を上回る出版量だった
      それが明治以降は活版に移行しただけ
      中国が西洋に後れを取り近代化できなかったのは腐敗した政治のせい

  5. 匿名 より:

    >複雑な文字システムは、習得に時間がかかる、文章や論理が不明確など、知識の普及に大きなデメリットをもたらす。

    そういって日本を占領した後漢字を廃止しようとした奴等がいたね?

  6. 匿名 より:

    幼い頃、田舎の爺ちゃんが草書体を混ぜ込んだ筆文字で手紙をくれたのだが、サッパリ読めなくてマジで困った。

  7. 匿名 より:

    偉大なる古代中国唐の文化の正当後継者は
    台湾と日本
    中共は偽物

  8. 匿名 より:

    中国が敗れたのは、身の丈に合わない中華思想のせいやろ

  9. 匿名 より:

    草書体の先と克って同じやないかい!!

    • 匿名 より:

      先は書き始めから下に行って右。
      克は書き始めからすぐ右で縦の部分がない。
      微妙だけどw

  10. フライフィッシャー より:

    草書体は結局、筆記体だから。縦に筆を使って各文字。まぁボールペンでもある程度かけるけれどね。

  11. 匿名 より:

    読めるのに越したことはないが、書けないからどうということはない。

  12. 匿名 より:

    >アメリカ人だって筆記体は書かない

    まじ?

タイトルとURLをコピーしました