外部サイトの新着記事

韓国人「日本のヒューマノイドロボットが会話中の笑みを浮かべるまで進化中」

動画が消えてる場合は引用元で見られる場合もあります

日本の京都大学研究陣がヒューマノイドロボット「エリカ」(Erica)に対話中、適切な時点で笑いを浮かべる能力を教えていると、ITメディア・シネットが19日(現地時間)報道した。

日本の京都大学研究陣がヒューマノイドロボット「エリカ」(Erica)に対話中、適切な時点で笑いを浮かべる能力を教えていると、ITメディア・シネットが19日(現地時間)報道した。

0002268508 001 20220920134405254 - 韓国人「日本のヒューマノイドロボットが会話中の笑みを浮かべるまで進化中」

当該システム開発のために石黒広教授が開発したヒューマノイドロボット「エリカ」が活用された。エリカは言語認知機能と言語駆使アルゴリズムを備え、人間と会話が可能で、人間のような声と表情を持っている。人の質問を理解し、それに合った答えをすることができ、シリコーンの皮膚の下には数十の空気圧アクチュエータが含まれており、さまざまな表情を作ることができる。この研究をリードしている小路井之に京都大学教授は声明を通じて「対話型AIの重要な機能の一つは共感能力だと思う」とし、「私たちはロボットがユーザーと共感できる方法の一つは笑いを分けると決めた」と明らかにした。

2022 09 22 11.32.56 - 韓国人「日本のヒューマノイドロボットが会話中の笑みを浮かべるまで進化中」

研究チームは社会的笑いを訓練することができる会話データを集め、それをAIシステムに学習させた。まず最初に実際の女優たちがマイクを通じてエリカロボットを操作して男子生徒と会話ができるようにして会話内容を録音した。その後、これを分析してロボットが人間と会話しない時や笑いを作ることができる瞬間などを区分し、AIシステムを訓練させた。これを通じてエリカは対話にまったく反応しないことから笑いながら、多様なレベルの笑いで会話に答えるように開発された。

2022 09 22 11.33.03 - 韓国人「日本のヒューマノイドロボットが会話中の笑みを浮かべるまで進化中」

その後、研究者らは、エリカが対話中に浮かぶ笑いについて共感、自然さ、人間との類似性、理解度の評価を行った。エリカは淡い笑顔を作る時はややぎこちないこともしたが、会話に共感すると自然な笑いを作った。井上教授は、エリカがもっと自然に会話し、笑って視線処理ができるように発展することになるだろうが、「友達のように人間がロボットとカジュアルな会話を交わすには10~20年以上かかる」と説明した。

引用元 URL

怖い
生きてる幽霊みたい

有名な女優の声や顔にして販売する日が近いね

日本人は作り笑いするしね
笑いながら心の中で悪いことを考えてるというさ

未来の仮想人間

10年くらい経つとソニーのアイボみたいにロボットが友達になって家族にになる時代がくるのだろうか?
ひとり暮らしにはいいかもしれない
生きたペットの代わりにロボットペット?

胸も大きくしないとね

顔の筋肉の動きなんかもリアルにしないと

ロボットが笑うと怖いですか?

空想科学映画が現実になりつつある現実になりつつある
人類がロボットに支配される日は近いかな

顔が少し貧相だ

コメント

  1. 名無しさん より:

    彼らのコメントから韓国人と中国人には安いマネキンのだっちわいふで十分。

  2. 名無しさん より:

    そちらには量産型がいるじゃないですか

タイトルとURLをコピーしました